もっと自由な子どもの居場所を

探し求めて30数年

logo

 もっと自由な子どもの居場所を探し求めて

  子どもたちが健やかに成長するために必要なもの
 それは、自分の居場所を心の中に持っていることだと思う

  たった2年間の教室生活の後
 もっと自由な子どもたちの居場所を探し求めて30数年

  自然豊かな牛久の地で 
 ささやかな活動を続けているプライベートスクールです

kashinoki
かしの木通信
orchhousekichi
明芳先生ブログ
kichi
各クラス紹介
buranko
かしの木について

  

 

 

 

 

 

更新:2018年12月1日
◆12月の一日スクール & 親子スクール詳細を更新

 

◇12月の一日スクール  
<ケーキ、カレーライス、遊び>

クリスマスちかくになると、島根の父のことがおもいだされます。

麹作りで家族を養い、音楽をこよなく愛し、土曜日の夜になると二階部屋で近隣の子ども大人に聖書のはなしをしていました。

クリスマスイブ夜には部屋を飾って 少しの質素なお菓子を紙の袋に入れて、みんなが来てくれるのを願い待ちました。

その夜には普段より多くの子たちが来てくれました。

父の語る聖書のはなしきいて、クリスマスにちなんだ紙芝居、幻燈をみて、いただいたお菓子をいただきながらゲームをして、子どもたちは我が家へと帰ってきました。

<お菓子めあて>を父に問うたこともありました。でも父は黙っていました。いまになって、父の<込み入った複雑な思い>がなんだかわかるような気がします。

 店で購入したスポンジを生クリームで包み込んで、その上からデコレーション。4~5人にひとつのスポンジをどのようなクリスマスケーキに仕上げるかは各グループにお任せです。

用意したトッピング材料をどのように載せるのか、それぞれの腕の見せ所。たとえどのようになろうとも結局は美味しく皆のお腹に納まってくれるので安心して見ていられます。出来栄えの方は、ナイフを入れる前に映像にして、HPでお見せできるでしょう。

ケーキに時間を取られそうなので、主食の方はカレーライスにします。食べ終わったら初冬の森で遊ぼう。

☆日時  12月16日()  930分~15

☆場所  森のアトリエ 現地集合解散 

詳細はこちら

 

◇12月の親子スクール 
<石窯ピザ焼き

今年の親子スクールはピザ焼きで〆ることにします。最後にふさわしい、しゃきっとおいしいピザを焼きたいものです。その為にはいい薪を手に入れなくては。茎崎の相沢材木屋の倉庫に残る半端木材を当てにしています。

○日時  12月17日() 9時30分~13時 悪天14日延期

○場所  森のアトリエ

○持ち物 1次発酵済みピザ生地 トッピング材料 その他

 

◇毎週水曜日午後の小坂造形クラス新設 その後の様子

水曜午後のクラス、いい言葉がみつからないが、とにかく雑多。
やってくる時間も帰る時間もやっていることも
カンパの額も。
だから楽しいのかな 「こんなの毎日あればいいのにな」なんて。

http://livedoor.blogimg.jp/sakainaoki/imgs/6/4/64d3d10b.jpg http://livedoor.blogimg.jp/sakainaoki/imgs/6/4/64d3d10b.jpg夕方なのにひとっこ一人いない公園、
子どもたちが命名の忍者公園にみんなで出かけたり、
ある時はストーブにかじりついて本を見たり、
手仕事が好きなご近所おじさんの隣に座って制作したり、
持参のおやつ、火鉢の上の熱々焼きいも食べたり。
庭に深い穴を掘って水の道を作ったり。

興味のある方は足を運んでみてください。

詳細はこちら

 

    お問い合わせ・参加申し込みなどは
   下記連絡先までお願いします

     フリースクールかしの木
    □E-mail    kashinoki-no-niwade@nifty.com
    □Tel        029-873-7452
    □Address  茨城県 牛久市 小坂町 1912-15

                                                                                                                                     
 

orchhouse 

playkichi 

散歩 

ushiku 

camp